後藤 晴香 | 社員を知る | TIS RECRUITING 多彩なチカラが、拡げる未来 | TIS株式会社

信頼とつながりが、
営業としての成果

営業

後藤 晴香
プラットフォームサービス営業部 2010年 入社

Profile

大学で専攻していた学問は、工学部情報工学。災害時の通信ネットワークなどについて研究していました。システムエンジニアへの志向は当時からあり、大手を中心に複数のSIerへエントリーしていました。TISを志望したきっかけは、ゼミの教授に言われた「絶対、君に合うと思うよ」という言葉がきっかけです。実際に、選考を受けてみると言葉通り。社風や社員の人柄に惹かれ、迷うことなく入社しました。

“物怖じしない心”で挑む、
新たな領域

“はじめに商材がある”事業部であるプラットフォームサービス営業部は、多様なシステムを提供する当社の中では少し珍しい部署かもしれません。取り扱っている商材は、データセンターやクラウドサービスなどが中心。お客様によって業界・領域が分かれることなく、幅広い視野で営業活動を行っています。
入社後、最初の6年間は既存の特定のお客様向けの営業を担当していました。その後、2016年度からは、新たなミッションとしてセキュリティ事業に異動。TISインテックグループ各社や一般企業のお客様を対象に、取り扱い製品である「TIS Managed Security Service powered by Trustwave」の担当営業として勤務しています。
主に新規のお客様が対象となるプラットフォームサービス営業部に必要なのは、“物怖じしない心”。私の場合、学生時代にキャンペーンガールのバイトをやっていたので、断られたり無視されることには慣れていた点が良かったのかもしれません(笑)。とは言え、新人の頃は誰しも未熟なもの。うちの部に入る方には、「新人だからこそやってみよう」という気持ちを大切にして、全力で仕事に向き合ってほしいですね。

契約への“ステップ”を踏み、
ゴールを目指す

営業職には付きものの、“競合コンペ”。私は、この競合コンペに勝って受注をすることが、営業としての醍醐味だと感じています。お客様先に通い詰めて本音を聞けるように努力したり、情報収集したり、さらには、会社同士でトップアプローチをしてもらうため自社内の上層部に向けてプレゼンしたりと、あの手この手で受注までのステップを踏み、最終的に「御社で決めるよ」と言っていただけた時の嬉しさ。その感覚は、営業職ならではだと思うのです。もちろん、競合がいない時の提案の方が、楽ではあるんですけどね(笑)。
また、少しでも勝率を上げるための努力も欠かしません。もちろん、金額面などの条件は前提ですが、それと同じくらい大切だと感じているのが、人間関係。時にはお客様と食事に行ったり、休日に一緒にスポーツを楽しんだりと、“人と人”としての絆を強くすることで、信頼とつながりを築くことができるよう心掛けています。
ビジネス面での対応も同様です。日頃からお客様のリクエストに対しては迅速な対応を心掛け、的確なご回答を行うことで、契約につながることもあります。

入社初年度の“大遅刻”で学んだ、
事前準備の重要性

入社初年度、提案するためにお客様へご訪問する際、“大遅刻”をしてしまったことがあります。電車を乗り間違えた挙句、電車を降りてからも道に迷ってしまったのです。お客様のところに着いた時には、約束の時間から1時間近くも遅刻していました。もちろん、平謝りです。また、「いざ提案を」と思っても、お待たせして申し訳ないという気持ちでいっぱいで、焦ってしまい上手くできません。その後も何度か足を運び提案を重ねましたが、結果的には受注には至りませんでした。
この経験で痛感したのは、何よりも自らの準備不足であり、事前準備をしっかりすることの大切さです。それからは、電車の乗り換えや道を把握するだけではなく、当日お客様と何を話して何を決定すべきか、そのためには何を準備すべきかと、よく考えて訪問するようになりました。また、訪問時は時間も心も余裕を持つようになったと思います。
今後の目標は、大きく2つ。まずは、社内の皆さんに頼りにされる存在になること。「これは後藤に任せたいな」「これは後藤に聞けば分かるな」といった、信頼が持たれる営業になりたいと思います。2つ目は、自分が開拓した新規顧客との取引きを大きくしていくこと。これからも勉強を続け、TISにとって、お客様にとって意義のあるビジネスパーソンへ成長していきたいと思います。

1 Day

1日の流れ

Message

Off Time

Message

上司から見た「後藤 晴香」
江上 貴洋 プラットフォームサービス営業部 営業職 主任

後藤さんの最大の魅力は、「内に秘めた熱い闘志」と「丁寧なコミュニケーション力」です。難しいお客様、案件など様々な境遇においても、クールで冷静に、そして熱い思いで仕事に取り組まれている姿に、いつも刺激を受けています。これからも、明るく楽しく、刺激のある営業ライフを送っていきましょう。

Off Time

休日の過ごし方
ゴルフを通して、人間関係の幅も広げる

休日は友人や同僚とゴルフをしています。時にはお客様の社長とも一緒にゴルフをさせていただくこともあります。社会人になってから始めた唯一のスポーツです。お客様とはもちろん、社内で普段関わることがない役職者の皆さんとも一緒にできるので、とても人間関係の幅は広がります。同僚にも女性プレイヤーが多く充実した休日を過ごしています。

※所属、職名等は、インタビュー当時のものです。