小野 裕太 | 社員を知る | TIS RECRUITING 多彩なチカラが、拡げる未来 | TIS株式会社

客様開発者せにする、
しいテクノロジー

システムエンジニア

小野 裕太
流通サービスビジネス第1部 
ITアーキテクト 2009年 入社

Profile

「これからはITだ」と思い、大学では理工学部情報科学科に在籍。プログラミングの基礎のほか、パソコンの仕組みの理論を学びました。数式をプログラムで書くなど、数学の延長のような感じでしたが、大学でプログラミングやものをつくることの楽しさに目覚めたように思います。就職活動の際、メーカー系ではなく独立系の会社に注目したのは、幅広い仕事をやってみたかったからです。TISは技術力に定評があり、自身の能力の向上にもつながるのではないかと思い入社を決めました。

スピード感が求められる
プロジェクトに参画

現在のメインとなる仕事は、小中学生向けのWeb学習サービスの開発です。プロジェクトの起ち上げから参画し、お客様のリーダーとともにサービスの状況やプロジェクトの目的と折り合いをつけながら、最適な開発フローをゼロからつくり上げました。
TISからは、私を含めた7名ほどがお客様のところに常駐しています。チームとして動いていて、私はリーダーとしての役割を担っています。具体的な業務としては、仕様を決めたりコードを書いたりと、プロジェクトのすべてを一通り見ています。
サービスの規模としてはまだ小さいのですが、その分、開発にはスピード感が求められます。また、画面のちょっとした見た目や操作性の違いによって、サービスの売上が大きく変わるため、実際のユーザの動きを分析してフィードバックし、それを素早く反映することが大事になります。そのようなニーズに対応するため、開発からリリースまでを素早く行うための周辺環境を整えるなど、案件の環境整備も私の大切な役目です。業務のバリエーションは多いですが、やりにくさは感じません。サービスを開発する背景の分析から実際に形にするまで通して携われるのは、この仕事の大きな魅力だと感じています。

円滑な関係性を築き、
サービスを一緒に運営する

この仕事のおもしろさは、「サービス運営の近いところにいること」だと感じています。Webサービスということもあり、カスタマからの反応が見えやすいのが特徴ではないでしょうか。お客様の会社に常駐しているため、開発を請け負っているというよりも、一緒にサービスを運営しているという実感が強いです。
業務を進める上で意識しているのは、“目的をしっかり意識すること”です。ビジネスフィールドでものづくりに携わる以上、単純な「つくりたい」という意志だけでなく、「どうしてつくる必要があるのか」という必要性を示すことが大切。ですので、「この作業にはどのような意味があるのだろう」という点は、常に意識をしながら取り組んでいます。
一般のカスタマ向けのサービスを扱う現在の仕事は、ほんの少し仕様を変えただけで登録者の数がぐんと増えます。自らの作業が、あっという間に数字に表れる点は醍醐味ですね。
新規サービスの立上げは、開発手法や利用するツール、チーム運営など、過去実績がないため「確実に成功する」という方法論がほとんどありません。だからこそお客様との円滑な関係性を意識し、会話を大切にしながら仕事を進めています。

テクノロジーは、現場を救う

サービスが始まる初期段階の時、追加や変更を重ねた結果、仕様が複雑になりすぎてしまったことがあります。要因は、“力を入れすぎたこと”。お客様側としても注力したい機能であり、私もそれに応えるべく積極的に意見を出したため、リリース後の開発での難易度が上がり、工数増やバグの原因になってしまったのです。
この経験から私が学んだことは、“シンプル”を意識することです。自分で考えることはもちろん大事なのですが、実際のユーザがどう反応するかを正確に予測することはできません。良いと思って機能を盛り込んでも、使われなかったり、むしろ使いづらくてユーザが離れてしまったりという場合もあります。だからこそ、できる限り無駄なものをそぎ落とした“シンプル”な内容を心掛けているのです。また、ある程度方向性が見えたら、まずは試してみることも重要です。例えば、プロトタイプを同僚や先輩にテストしてもらうことも、その一つ。そこで受けたフィードバックをもとに、さらに改善していきます。
コミュニケーションや進め方、ツール、環境などには、まだまだ大きな変化があります。それぞれに対して、上手くテクノロジーを適用できれば、もっと開発現場は良くなるはず。私自身が技術を学ぶことで、新しいテクノロジーを上手く使いながら、お客様も開発者もともに幸せになれる環境づくりができるよう、頑張っていきたいですね。

1 Day

1日の流れ

Message

Off Time

Message

先輩から見た「小野 裕太」
児玉 健 流通サービスビジネス第1部 主査

これからは、スピード感が求められる開発がどんどん増えていくと思うので、これまでの経験を存分に生かして大活躍してほしいと思います。そして、周りのメンバーに新規サービス立上げの経験やノウハウを伝承してもらうことで、組織としても小野さんのような人材を増やしていけると嬉しいです。

Off Time

休日の過ごし方
10年以上続けているテニスでリフレッシュ

高校時代からずっとテニスをやっていて、もう10年以上続けています。今でも定期的にコートに出て練習をしていて、昨年は大会に出場することができました。仕事柄、仕事中は身体を動かす時間が限られますし、健康のためにもオフタイムには動かした方がいいと思っています。

※所属、職名等は、インタビュー当時のものです。