古賀 勇多 | 社員を知る | TIS RECRUITING 多彩なチカラが、拡げる未来 | TIS株式会社

あの日見未来は、
今日仕事につながっている

システムエンジニア

古賀 勇多
戦略技術センター 2015年 入社

Profile

大学時代は院で情報創成工学を専攻し、自律移動ロボットに関する研究をしていました。入社のきっかけになったのは、就職活動中に参加した戦略技術センターの短期インターンシップです。今後、TISがロボットや人工知能の研究開発に力を入れていくことを知り、自分がやりたいことと合致すると感じました。また、長年システムを構築してきた実績のあるTISならば、ロボットや人工知能を制御するシステムやサービス基盤そのものを構築できるのではないかと感じたからです。そのことこそが、結果的に多くのロボットを社会に普及させられると考えています。

近い未来を見据えて
“技術の種”を見つける

入社後、配属になったのは、短期インターンシップの時と同じ戦略技術センターです。現在の仕事は、とある公共施設での実証実験に向けた、展示物紹介ロボットの研究開発。将来的にはこの実証実験結果をもとに、他の公共施設で使える汎用的なサービス化を目指しています。
導入予定のロボットは、人を見つけると優しく近づき展示物を紹介します。従来のデジタルサイネージや音声案内とは異なり、ロボットから来訪者に向けて積極的に情報を提示することで、展示物に関してより深い知識を得て楽しんでもらう工夫がされています。
私の担当は、プロトタイプと呼ばれるロボットの試作品に関する開発全般。ハードウェア面ではロボットデザインや既存品の調達・組立を、ソフトウェア面ではロボットミドルウェアを使ったプログラミングやテスト、現地での動作テストなどを、それぞれ行っています。
戦略技術センターはTISの研究開発部門ですが、同時に次の社会に必要な“技術の種”を見つける部門ともいえます。外部向けの勉強会を主宰するほか、学会へ出席したり大学との共同研究を行ったりと、外部とのやりとりが多いことも特徴です。

外部との“コラボ”を通じて、
高い目標を目指す

研究開発という仕事柄、まだ社内外で誰もやったことのないロボットやサービスづくりにチャレンジできるところは、仕事の醍醐味の一つです。もちろん、分からないことだらけ。課題も山ほどあります。ただ、その一つひとつを精査しながら解決していき、新しいロボットシステムの礎を築いていく工程は、とてもエキサイティングですし、大きなやりがいを感じます。
また、戦略技術センターでは、つくり上げていく過程で得た知見を社外に発表し、TISのプレゼンスを向上させることが推奨されています。そのため、入社数年の新人でも社外の専門家と知り合う機会は盛りだくさん。私自身、入社2年目にも関わらず、勉強会で講師を務めています。そうした経験を通じて企業やユーザと知り合い、情報交換ができる点は嬉しいですね。
入社前は、研究開発というと“自分の席で黙々と作業している”イメージでした。ですが、実際は逆。自社内だけで難しい題材は、社外の団体と一緒にコラボすることもありますし、実証実験先や協力会社様との打ち合わせも月に数回あります。しかし、そうした複数の意見を交えてものをつくり上げていくことこそ醍醐味なのだと、最近は感じています。

ロボットが実現する、希望に溢れた未来を目指して

開発において大切にしていることは、“入念にテストを行うこと”。この意識は、学生時代に参加した競技会で身に付けました。当時参加していたのは、『ロボカップ(RoboCup)』という自律型ロボットの競技会。全国から様々なロボット開発者が集まり、そのでき上がりを競うこの大会で、私は“ロボットが現場で動かない”という大失敗を経験したのです。もちろん、当時の落ち込みようはすごいものがありました。後悔や反省も、数えきれないほどしましたね。しかし、同時に振り返ってみれば、失敗の原因はすべて自分たちの意識にあることに気付くことができました。本番直前まで開発に追われ、十分な動作テストができていなかったこと。短い準備期間の中ですべての機能を、それも自分たちだけで実装していたこと。そのどれもが、“見通しの甘さ”という一言に尽きるのです。
こうした経験から、業務では「基本的に、ロボットは期待どおりに動かないもの」ということを念頭に置いています。その上で、「では、できる限り期待どおりに動かすにはどうすれば良いか?」ということを考える。こうすることで、開発と同じくらいの時間をかけて動作テストを行ったり、自社研究の注力分野ではない部分は協力会社に委託したりといった選択肢が生まれてくるのです。実際に、こうした過程を経ることで、より安定してロボットを動かすことができるようになってきました。
夢はたくさんありますが、まずはこれまでロボットが導入されてこなかったサービス分野に向け、積極的にロボットや人工知能を導入したいと思っています。そしていつか、街中のいたるところにロボットや人工知能が働いている社会にする。自分たちの技術が、それらを実現する一助になれば嬉しいです。

1 Day

1日の流れ

Message

Off Time

Message

上司から見た「古賀 勇多」
佐伯 純 戦略技術センター 主査

古賀君は入社2年目ながら、戦略技術センターの即戦力として能力を発揮しています。古賀君の加入によって、ソフトウェアのみの範囲だった応用が、実体のあるロボットを含めたインテグレーションへと進められるようになりました。今後は後輩も入ってきますので、よりリーダーシップを発揮してくれることに期待しています。

Off Time

休日の過ごし方
部品を調達し電子工作でものづくり

基本的にはロボットのことしか考えていないので、休日のオフタイムも会社での業務と似たようなことをやっています。中でも3Dプリンタと電子工作に、最近はまっています。東京の秋葉原を散策して部品を調達したり、工作施設に通ったりして、思い思いのものをつくるのが楽しみです。

※所属、職名等は、インタビュー当時のものです。