ディスクロージャーポリシー

当社は、ディスクロージャーの推進による透明性の確保の観点から、株主・投資家のみなさまに東京証券取引所の定める有価証券上場規程に準拠した情報を含め、投資判断に影響を及ぼす重要な情報は、証券取引所を通じてのみならず、当ウェブサイトでも迅速に公開いたします。

情報開示体制

当社は、社内各部門及びグループ各社との連絡体制を構築し、金融商品取引法及び東京証券取引所の定める有価証券上場規程に従った情報その他重要な情報を、適時かつ公平に開示できる体制を確保しています。

当社、グループ各社による決定事実、決算情報、発生事実は、情報取扱責任者により経営会議にかけられ、取締役会を通じて情報開示されます。当社、グループ各社は経営企画・管理部門に報告し、指示を受けます。内部統制所管部門、内部監査部門からは監査を受け、グループ内部統制委員会に報告されます。グループコンプライアンス会議は取締役会に報告して指示を受けます。また監査役会はグループコンプライアンス会議と連携し、取締役会からの報告を受けて勧告します。

情報開示の方法について

当社は金融商品取引法及び東京証券取引所の定める有価証券上場規程に従った情報その他重要な情報について、東京証券取引所の提供するTDNet(適時開示情報伝達システム)にすみやかに登録いたします。
登録した情報は、情報開示の「適時性」「公平性」の観点から、当ウェブサイトでもすみやかに公開いたします。また、登録した情報以外にも、当社への理解を深めるものと判断した情報は、積極的に当ウェブサイトで公開してまいります。
ただし、当ウェブサイトに掲載された情報をご覧になられた方が、金融商品取引法上のインサイダー規制に関する「第一次情報受領者」としていわゆる「12時間ルール」に抵触する可能性がある場合には、その旨を明記いたしますのでご留意ください。

未公開の重要情報 について

当社は、株主・投資家のみなさまからのお問い合わせや取材等に際し、未公開の重要情報(インサイダー情報)について言及することはありません。

「沈黙期間」について

当社では、決算発表前の一定期間を「沈黙期間」とし、株価に影響のある情報が漏れることを防ぐために、決算に関するコメントや質問への回答を控えております。ご了承ください。
ただし、「沈黙期間」中に既に発表した業績予想を大きく外れる見込みが出てきた場合には、適宜、情報開示を行います。

当社ウェブサイトによる情報発信の位置付け

当社は、株主・投資家のみなさまに当社グループへの理解を深めていただけるよう、当社ウェブサイトを通じて様々な情報を発信しています。
当社が適時開示を行った情報については、原則として情報の公開後できるだけ速やかに当社ウェブサイトにも掲載することとしていますが、当社ウェブサイトは、適時開示を行った情報の一部を含め、当社が発信する全ての情報を掲載するものではありません。また、情報通信技術上の障害等により、掲載が遅れる場合があります。
当社ウェブサイトのご利用にあたっては、これらを十分にご理解いただくとともに、「当サイトのご利用にあたって」についても合わせてお読みいただきますようお願いします。

更新日時:2017年8月4日 15時48分

PAGE TOP

お問い合わせ
お問い合わせページはこちら