ページの先頭へ

HOMEクロス・トーク > ワークライフバランス 〜家族と仕事〜

ワークライフバランス 〜家族と仕事〜

ワークライフバランス実現の場としても、TISはとても魅力的で充実した環境。
ワークライフバランス実現の場としても、TISはとても魅力的で充実した環境。

(写真左より)

  • 笠原敦子

    クレジットプラットフォーム事業部

    入社以来、クレジットカード決済に関わる各種サービスを提供されている顧客のアプリケーション開発SEとしてキャリアを積む。夫と7歳の長男、3歳の次男の4人家族。

  • 有木秀悟

    エンタープライズリソースマネジメント事業部

    製造業向け大規模案件、ERP導入、人事採用業務を経て、現在は大規模ERP導入プロジェクトに従事。専業主婦の妻と8歳の長女、2歳の次女の4人家族。

  • 谷口里美

    IT基盤技術本部

    地元名古屋の拠点に所属し、中部地方のお客様の案件のインフラ開発を主に担当。夫と5歳の長女、4歳の次女、そして1歳の長男の5人家族

出産して復帰するのは当たり前。SEと育児を両立している女性社員が多数。

谷口
私はいま、5歳の長女、4歳の次女、そして1歳の長男の3人の子供がいます。それぞれ1年ほど育児休業を取得して仕事に復帰しました。まだ3人とも幼くて大変な毎日ですが、いまは9時から16時までの時短勤務で働いており、周りのみなさんからのサポートもあって仕事と育児を両立しています。
笠原
私も7歳と3歳の男の子がいます。TISは業界のなかでは女性社員の比率が高い企業です。結婚したからといって仕事を辞める人はまずいませんし、私の所属部署は子供ができても復帰されている方がほとんどです。育児休業や時短勤務などの制度も充実していますし、有給休暇も1時間単位で取得できる。
谷口
そう。あれはとても便利ですよね。たとえば保育園の保護者の会合などにどうしても出席しなければならない時など、数時間だけ有休を申請できますし……制度はとても整っていると思いますね。
有木
TISは、先日発表された口コミ集計による「育児・介護休業について満足度の高い企業」でも、全業種中5位にランキングされているのですよね。実は私も過去、二人目の子供が産まれた時に2カ月間、育児休業を取得しました。妻は専業主婦で、一人目の時は里帰り出産して実家の両親にサポートしてもらったのですが、二人目が生まれる時はすでに長女が幼稚園に通っていて、里帰りするわけにもいかず、妻の負担を軽減するために、育児休業を取って私が上の子の面倒を見ようと。
笠原
男性で育児休業を利用するのは、抵抗はありませんでしたか?
有木
いえ、以前に部内の男性の先輩が育児休業を取得されていて、特に何の問題もないようだったので、じゃあ私も取ってみようかなと。上司に相談した時もすぐに受け入れてくれました。私が育休を取ってから、チームの後輩たちから「どうやれば取得できるのですか?」と相談されることも多くなりましたね。いつも「書類一枚書いて出せば楽勝だよ」と答えています(笑)。

育児休業を取得した男性社員も。自分の人生にとって貴重な経験になった。

谷口
育児休業中は、有木さんが奥様に代わって家事をやられていたのですか?
有木
ええ、妻が乳児の世話にかかりっきりでしたので、私が家事をしながら長女の面倒を見ていました。朝早く起きて、長女の幼稚園のお弁当を作り、幼稚園に送って、戻ってきたら家の掃除。午後は長女を迎えに行って、ママ友さんたちと交流して(笑)、夕飯も私が作っていました。実は、育休に入るまでは「仕事から離れてちょっとのんびりできるかな」などと思っていたのですが、とんでもない。家事や育児がこれほど大変だとは思いも寄りませんでした。仕事をしているほうがよっぽど楽。育児休業を取ってから、妻への感謝の気持ちがいっそう強く湧くようになりました。
笠原
男性のみなさんはぜひ育児休業を取って、有木さんのような経験をしていただきたいですね(笑)。
有木
本当に、男性ももっと積極的に育児休業を取得したほうがいいと思いますね。私は個人的に新しい環境に飛び込むのが好きな性格で、この育児休業もまさにそう。2カ月だけでも育児に専念して子供と毎日向き合うなど、なかなか経験できないこと。育児休業を取得して、その後のキャリアでマイナスになったことなど何もありませんし、むしろこの経験が、これからの私の人生で大きく役に立つだろうと思っています。
谷口
TISは、個人の意思を尊重して応援してくれる風土がありますよね。私は短いサイクルで二人目、三人目と子供をもうけましたが、その度に上司は喜んでくださって、「いつ復帰する?」「復帰してからどんな仕事がしたい?」と私のこれからのことをいつも前向きに考えてくださり、そうした支援も励みになりました。
笠原
私は最初の子をもうけた時、PL(プロジェクトリーダー)の立場でプロジェクトに関わっていて、育休から戻ってからも同じような立場で仕事がしたいと考えていたのですが、そうした想いを上司が汲んでくださり、復帰後も案件のリーダーのポジションを任せていただきました。勤務時間の限られた私を、周りがしっかりフォローしてくれて、チームのメンバーにはたいへん感謝しています。

子供を持っても、望めばキャリアアップの機会はいくらでも提供してくれる。

谷口
3人目を生んで復帰してから、いまは新しい案件を獲得するための提案企画や資料作成に関わらせてもらっています。まだ子供が1歳で何かと手がかかるので、上司が配慮してくれて、比較的時間の融通が効くこうした上流の業務に携わることに。でも私にとっては、案件獲得の提案に関わるのは初めてで、とてもいい経験をさせてもらっていると感じています。育児が落ち着けば、やはり現場で案件をリードしたいと思っていますので、その際もこの経験はきっと役に立つはずです。
笠原
私も経験を重ねるにつれて上流工程に関わりたいと考え、上司に希望し、ここ1年の中で数回、お客様への提案PJに関わるチャンスを頂きました。自分が望むキャリアを手に入れつつあるものの、まだ時短勤務なので、時間をかければもっと良い提案ができるのにと思うことも。そこはなるべく工夫して、時間ではなくアイデアで成果を出すようにいまは意識しています。
谷口
仕事と育児の両立はたいへんですけど、でもやっぱり私は開発の仕事が好きですし、仕事をしていない自分の姿はイメージできませんね(笑)。
笠原
正直、私が仕事をすることで子供に余計な負荷をかけているかもしれないという思いはありますが、私も仕事が好きですし、お母さんが毎日充実して楽しそうにしているほうが子供にとってもうれしいはずだと、そう勝手に思い込んで頑張っています(笑)。そのぶん、オフは家族との時間を大切にしていますし、年に一度のリフレッシュ休暇をはじめ冬の長期休暇や週末を利用して、家族で旅行しています。
谷口
いまTISではリモートによる在宅勤務の環境も構築されつつありますし、制度などのハード面は十分に整備されていますので、その人の志向次第でワークライフバランスはいくらでも保てる。育児休業を取ったからといって、周りから後ろ指を差されたり、昇格に影響するようなこともない。TISの人間はみんな真面目で、こうした制度を積極的に活用するのにまだ躊躇するようなところもあるのですが(笑)、これから社内の意識を変えて、もっともっと働きやすい会社になればと思っています。

※所属、職名等は、インタビュー当時のものです。

Topics
坂口氏

部長経験者も育児休業取得

上に登場した有木のように、男性でも育児休業を取得している社員がTISには少なくない。開発部門の坂口はその先駆けとなった一人だ。彼はすでに小学生の娘2人を持ち、3人目の長男が誕生した際、妻と育児や家事を分担するために約半年間の育児休業を取得した。

「実は、二人の娘が幼い頃は仕事一辺倒で、ほとんど子育てに関わっていませんでした。妻にたいへんな負担をかけたという反省から、長男が生まれる頃にはワークライフバランスを強く意識するようになっていました」。

それまで彼は開発部門の部長職に就いていたが、ちょうどその頃に彼が携わっていたのが、VDI(仮想デスクトップ)に関するソリューション。VDIによるセキュアなリモートアクセスを最大限に活用することで、ワークライフバランスを実現できると、自らエヴァンジェリストとなって社内外に働き方改革をアピールしたという。

「仕事は私にとっての生きがいですが、そこに打ち込めるのも家族のサポートあってこそ」と語る坂口。育児休業の取得に躊躇はなかったという。反面、育児休業を取得し、現場を離れたことで復帰後の昇進はあまり期待していなかったとのことだが、まもなく開発部門の部長職に再度任命された。

「きちんと成果を出せば以前と変わらず評価してもらえましたし、こうした風土はTISの本当に大きな魅力だと思います。」

出産・育児に関する主な制度
  • ▪︎時間短縮措置(通算8年、分割取得可)※夫婦同時取得可
  • ▪フレックスタイム制(コアタイムなし可)
  • ▪テレワーク勤務制度
  • ▪マタニティ休暇(上限10日/有給)
  • ▪マタニティサポート休暇(妊娠中の配偶者のサポート目的として、上限5日/有給)
  • ▪産前・産後休業
  • ▪子の看護休暇(年10日、うち5日有給)
  • ▪育児休業 ※夫婦同時取得可(小学校1年終了月まで、通算2年上限)
  • ▪積立休暇(育児目的として、半日単位での取得可)

※上記制度はインタビュー当時のものです。

募集職種の一覧はこちら

クロス・トークを読む

家族と仕事
グローバル
技術への探究心: canal
技術への探究心: Fintan
技術への探究心: フルスタックエンジニア育成プログラム
技術への探究心: TechBall
家族と仕事 グローバル 技術への探究心: canal 技術への探究心: Fintan 技術への探究心: フルスタックエンジニア育成プログラム 技術への探究心: TechBall